注意事項

在園保護者様

未就園保護者様

幼稚園案内

教育内容

SPECIAL CONTENTS

危機管理情報

トップ  >  幼児期に必要なもの


あきる野市すもも木幼稚園

幼児期に必要なもの

 

幼児期は一生のうちで最も成長のめざましい時期です

成長の速度が速く、めざましいということは、その時期の環境がその子どもの成長に及ぼす影響が大きいと言うことです。例えばこの時期に、4~5日病気することは、おとなが20日も一ヶ月も病気をしていることと同じだと言われます。それ程子どもの発達に及ぼす影響が大きいのです。

 

頭脳の発達の盛んな時期です

4~5歳になると、子どもの大脳の重さはおとなの90%になります。人生の最初の六ヶ年間が、頭脳の発達に対して特に大切な時期です。この時期に、まわりの環境から適切な刺激を受けられるかどうかで、その子どもの頭脳の発達が大きく左右されます。

 

運動能力もすばらしい勢いで発達します

この時期の子ども達が一日に歩く歩数は、おとなと比べると2倍近くになります。それだけ幼児は活発的なのです。「箸との間もじっとしていない」これが幼児の姿です。
ヨチヨチ歩き程度の子ども達が、幼稚園を卒園する頃にはおとなに負けない程、走ったり、ぶらさがったり、物をなげたり、いろいろな運動ができるようになります。ですから、幼児期には安全な広い運動場やホールが必要なのです。

 

感情や情緒が発達する時期でもあります

幼稚園を終わる頃には、だいたいその人間の性格が形成されてしまいます。幼稚園の時期はそれだけに、その子どもにとって非常に重要な時期でもあるということが言えるでしょう。またこの時期に、人を知り、自分を知ることができるようになると言います。
幼稚園で、いろいろな友人と接し、生活していくことによって、豊かな余裕のある性格の子どもに育っていくことができます。

 

適切な指導が必要です

子どもの能力は、抽象的な指導、形成的な指導で発達していくものではありません。自分の手で物に触れ、試してみて、疑問を持ち、理解しようとすることから育っていくものです。しかし、放っておいても子どもは動きません。子どもが自然に興味を湧き起こすような題材を与え、より良い方向に導いてあげる必要があるのです。

 

なぜ幼児教育が大切か?必要なのか?

≪2~3歳期≫

この時期は負担を感じることなく、体験から全てを吸収する。体験は遊びであり、選ばず与えられるものは遊びとして受け止める。

 

≪4~6歳期≫

この時期は繰り返すことが大好きであり、繰り返しは身体からの自然の発露である。
五感への刺激が遊びであり、快感として受け止めているから遊びが大好き!
おとなから見る遊びは学習の表れです。

 

巣立つ前のひな鳥が、何回も何回も羽ばたくことを意味して・・
羽を百回も羽ばたくから → 「習う」と言う字ができました。

<幼児は繰り返しが大好き(自然の欲求)>

 あきる野市にあるすもも木幼稚園の教育は、心教育を中心とし、五感から吸収された「可能性や感性意欲」を磨く教育です

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
教育方針
カテゴリートップ
すもも木幼稚園の教育
次
心の教育